結納(略式

結納進行

◇結納飾りは婚礼コーナーなどで購入◇
専門店やデパート、式場の婚礼コーナーなら、結納品はもちろん、風呂敷、目録、家族書など必要なものは、何でも揃います。たいてい筆耕も頼むことができるので、字が下手といった悩みも解決です。また、置き方はパンフレットなどを用意してくれます。わからないことは教えてくれるので、気軽に相談してみましょう。

◇結納の場所は料亭などが増加◇
結納品を受け取る女性側が祝いの酒肴でもてなすといった伝統から、昔は女性の家で行うことが多かったのです。最近では女性側の家より、個室のある料亭やレストラン、ホテルなどを利用する人が増えています。迎える方は場所を整えたり、料理の準備をしたりと大忙しです。当日も台所と居間の往復になりがちです。そこで女性の自宅で、食事は料亭など別の場所でという使い分けもおすすめです。

◇結納飾りの品目は奇数◇
関東だと9品目が正式です。略式なら5、7品目になります。婚約が成立したあかしとして両家の間で取り交わす結納品は、それぞれ意味のあるものなのです。地域で独特のものもあるので、用意するものを事前に両家でよく話し合いたいですね。実際の品目は5、7品目でも、目録には9品目書きましょう。つまり目録で一応届けたことにして、実際の品物を略した形にするのです。

◇進行役は両家の親が一般的◇
進行役は本来なら仲人が担う役割ですが、略式結納の場合は男性側の父親が進行し、父親同士が結納品を交換する形が多いです。父親が参加できない場合は、母親でも大丈夫です。また、お礼の口上は、本人が述べるのが一般的です。男性側が結納品を飾り、始めます。


◇口上は「幾久しく」がポイント◇
ごく簡単に言うと、まず男性側から「婚約の印としてお品物をご用意しました。幾久しくお納めください」と結納品を差し出します。「ありがとうございます。幾久しくお受けいたします」と女性側は答えます。実はこの繰り返しなのです。堅苦しく考えず、気持ちを大事にしましょう。最後は男性側の父親が「本日は誠にありがとうございました。滞りなく結納品を納めることができました。今後ともよろしくお願い致します」などと締めたら終了です。


◇婚約指輪を先に渡している時は指輪をしていこう◇
考え方は2通りあります。ひとつは、一度男性側に戻して再度女性側に渡す方法です。もうひとつは、戻さずに目録には入れる方法です。指にはめて「指輪をいただきました。ありがとうございます」と披露します。特に決まりはありません。また指輪が間に合わなかった場合は、目録に「結美和付」と入れておき後日受け取ればいいでしょう。指輪飾りの購入は比較的少なめです。

◇結納返しは身につけられる時計・洋服などが主流◇
関東ではよく半返しと言われ、「御帯料」の半額を「御袴料」にしていたようです。しかし近年はこの「半返し」にこだわらなくなっています。1割程度の結納返しや、お金のお返しはしないケースも増えています。また、結納返しの金額を差し引いて受け取る人もいます。関西では「半返し」の習慣がない地域もあり、「片送り」(女性側からは受書と婚約記念品だけを返す)の形も多くなっています。結納返しを品物にする場合、目録の「御袴料」の隣に「紳士服付」「時計付」などと書き入れておきます。女性の婚約指輪と同様の考え方ですね。



◇結納金は現金持参がほとんど◇
ほとんどの人が当日に現金で持参しています。平均80〜90万円程度です。縁起ものなので新券で用意をしましょう。ただし遠方であるなどの事情がある場合は、両家合意の上で振込なども考えられます。結納品売場ではお金の入れ方もアドバイスしています。小切手は商取引をイメージするので避けた方が無難です。結納返しのこともあるので金額はお互い事前に確認をしておきましょう。



◇両家のしきたりが違う場合は基本的に男性側に合わせよう◇
しきたりは地域で違いがあります。基本的に男性側に合わせるのが一般的ですが、しきたりを重視する方に合わせるやり方もいいでしょう。納得がいくように、品目や形式について両家で話し合う必要があります。お披露目をする機会が多い女性の意向も確認しましょう。

calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
sponsored links
お勧めサイト
結婚式二次会 婚約指輪 千葉結婚式場 広島結婚式場エルセルモ ホテルウェディング千葉
selected entries
categories
archives
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM